導入事例:株式会社オークファン(NETSEA)

日本最大級B2B卸サイト
パーソナライズ化の検証で
売上が4倍に

株式会社オークファン

お互いのコミュニケーションが迅速なところが、
インパクトの大きいプロジェクトを
可能にしていると感じます。

株式会社オークファン

インキュベーション事業部
惣川 裕太氏

導入のきっかけ

サイト内検索・レコメンドの改善から、更なるパーソナライズ施策に向けて
フライウィールのConata(コナタ)™を導入

NETSEA(ネッシー)は株式会社オークファンの100%子会社である株式会社SynaBizが運営する国内最大規模のBtoB卸サイトです。出展社数は約4,500社 にのぼり、オンラインでの効率的な取引機会を数多くの企業様に提供しています。

取引点数が非常に多いため、NETSEAサイトにおけるサイト内検索やレコメンドの精度を高め、バイヤー企業様が探しているアイテムを簡単に見つけられることはサイトの利便性を高めるためにとても重要です。

そんな中、フライウィールのパーソナライズプラットフォーム”Conata”がサイト内検索とレコメンドツールを提供していることを知りました。打ち合わせを通じ、高い技術力があることが実感でき、NETSEA独特のニーズへも柔軟に対応してもらえることが分かりました。また、Conataはメルマガなども含めた包括的なパーソナライズソリューションであるため、将来的な施策の拡張が可能です。これらを踏まえ、既存のサイト内検索・レコメンドツールから切り替えることにしました。

データの活用内容

Conata経由で売上が4倍に。
サイト内検索とレコメンドの切り替えを決定

サイト内検索とレコメンドをそれまでのツールからフライウィールのConataに切り替えました。全面的な切り替えの前に既存レコメンドエンジンと併用し、パフォーマンス比較をしましたが、Conataによるレコメンド経由の売上が既存レコメンド経由の4倍を記録するという結果となりました。パフォーマンスに十分に納得した上で、Conataに切り替えることに決めました。

Conataは、ユーザーの行動データを幅広く取り込み、最先端のアルゴリズムを活用することで精度の高いパーソナライズを実現しています。加えて、個々のサイトにあわせたロジックのチューニングを行います。それらが総じた結果、既存のツールを圧倒するパフォーマンスが出たのだと考えています。

また、Conataのもう1つの特徴は、サイト内検索とレコメンドの相互連動や全体最適を実現できることです。 導入後、直前の検索キーワードに応じてレコメンドアイテムを表示するなど2つの特徴を連動させた新しい取り組みをテストしています。

導入後の効果

サイト全体のコンバージョン率が約1.2倍に改善。
パーソナライズをさらに推し進めるための新たな施策についても共同で検討中

導入後2ヶ月間ほどで、サイト全体のコンバージョン率が約17%改善しました。また、サイト内検索が利用される比率も増加しています。サイト内検索とレコメンドの精度が向上し、ユーザーが探しているアイテムをより容易に発見できるようになった結果と考えています。

フライウィールは、SaaSプロダクトを提供して終わりではなく、よりよいパーソナライズ体験をユーザーに提供するために共同で課題に取り組んでいくという姿勢で臨んでくれています。また、営業担当の方だけでなく、エンジニアリング・プロダクトチームと議論が直接できます。サイト内検索・レコメンドの改善余地の発見やパーソナライズを推進する新たな施策について、共に考えられるパートナーが得られたので、今後より大きな成果が得られると感じています。

具体的には、ユーザーによりよい体験を提供するためにどんなパーソナライズ体験を導入すべきか、長期的視点にたった検討を進めています。例えば、会員に向けたメールマガジンの一部を開封時にリアルタイムでパーソナライズする取組、広告費を頂いた出展社様の商品を表示する商品リスト広告(Product Listing Ads、PLA) の導入などを議論しています。

また、BtoB卸では購入するサプライヤーを数社に絞っているユーザー企業も多く、検索結果をサプライヤー順に表示することで利便性の向上につながるのではないかと考えています。こうしたカスタマイズに柔軟に対応できる技術力と姿勢にも大変助かっています。

これからも、パーソナライズ施策を積極的に検討・導入することで、さらに利便性の高いサイトを目指していきたいです。

お客様からのコメント

お互いのコミュニケーションが迅速なところが、インパクトの大きいプロジェクトを可能にしていると感じます

なぜフライウィールを選んだのでしょうか?
課題として社内で上がっていた、検索システムを改新してサイトユーザーとのエンゲージメントを高めたい、などの要求仕様に対しても、今後を見据えた拡張性の高い対応が望めた点が大きいです。また、要件に関する意思疎通が取りやすく、素早い対応が期待できました。

フライウィールとの取り組みでどんな変化がおこりましたか?
不具合の発生頻度が減り、問題検知の早さやその後の対応アクションを含めて以前とは違いを感じます。社内とフライウィールのエンジニア同士でリアルタイムなコミュニケーションが可能なのも、安心感から新規施策に取りかかりやすい体制整備につながっています。ビジネスチームからも、パフォーマンス改善に対する評価を得られています。また、仕様ありきで始まるのではなくアジャイル開発ができることで、今までより一歩先の施策に踏み出せています。

今後フライウィールとどんなことに取り組んでいきたいですか?
商品リスト広告(Product Listing Ads、PLA)の導入を目指したいです。既存の簡易な純広告のシステムから、サプライヤーがご自身で広告と流通の相関性を見極められるマーケティングツールの提供を通して、マーケットプレイスとして進化していきます。

その他、メッセージあればお願い致します
お互いのコミュニケーションが迅速なところが、インパクトの大きいプロジェクトを可能にしていると感じます。これからも、新しい面白い取り組みを一緒に続けていきたいです。

株式会社オークファン / NETSEA(ネッシー)

https://www.netsea.jp/

NETSEA(ネッシー)は株式会社オークファンの100%子会社である株式会社SynaBizが運営する国内最大規模のBtoB卸サイトです。出展社数は約4,500社にのぼり、オンラインでの効率的な取引機会を数多くの企業様に提供しています。

惣川 裕太 氏

株式会社オークファン インキュベーション事業部

掲載日: 2021年7月13日

*文中に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

事例をまとめてダウンロード