Conata Data Agent
(データ エージェント)

技術的な知識がなくても質問できる、
企業の情報データに精通した

回答を教えてくれる
「データ活用アシスタント」。

企業内のあらゆるデータを横断して、迅速かつ簡単にインサイトを導き出します。
高度な自然言語処理と生成AIを駆使した Conata Data Agent は、複雑な問いからも正確に意図をくみ取り、
質問者へ新たな気づきや秘められたインサイトを提供します。

こんなお悩みありませんか?

  • 情報探索にかける時間を減らしたい
  • 増え続けるシステムにあるデータを有効活用したい
  • 大量の明細データから素早くインサイトを得たい
  • データ分析担当者へ依頼せずに必要なデータを取得したい

Conata Data Agent
(データ エージェント) の
機能群

高度な自然言語処理や
生成 AI / RAG* の技術を活用して、
迅速かつ正確に複雑な質問に対応し、
深い洞察も提供。
企業内のさまざま職種、
異なる立場のユーザーが
ともにビジネスを推進するための
機能群を装備しています。

* RAG (Retrieval-Augmented Generation) は、LLM がカバーしている情報に加えて、
最新のデータや使用されていないデータ・情報を反映し、コンテンツを生成するテクノロジー

* RAG (Retrieval-Augmented Generation) は、 LLM がカバーしている情報に加えて、最新のデータや使用されていないデータ・情報を反映し、コンテンツを生成するテクノロジー

Conata Data Agent

Conata Data Agent イメージ画像(参考画面であり実際の画面とは異なる場合があります。)

Conata Data Agent

Conata Data Agent イメージ画像(参考画面であり実際の画面とは異なる場合があります。)

ナレッジ検索機能

ユーザーが画面上で知りたい疑問をそのまま文章入力すると、社内データを横断的に網羅しながら、文書間の関係性を考慮して情報をまとめ、回答する高精度な検索エンジン。構造化データはもちろん、PDFや画像ファイルを含む非構造化データから抽出した情報を利用してユーザーの質問に返答します。欲しい情報をより深く、的確に得るため対話的な応答を繰り返すことも可能です。企業内の文書から知識を発見・統合することにより、例えば検索でみつけた文書から問い合わせの回答を作るのが面倒、といった業務の生産性を向上します。

ユーザーが画面上で知りたい疑問をそのまま文章入力すると、社内データを横断的に網羅しながら、文書間の関係性を考慮して情報をまとめ、回答する高精度な検索エンジン。構造化データはもちろん、PDFや画像ファイルを含む非構造化データから抽出した情報を利用してユーザーの質問に返答します。欲しい情報をより深く、的確に得るため対話的な応答を繰り返すことも可能です。企業内の文書から知識を発見・統合することにより、例えば検索でみつけた文書から問い合わせの回答を作るのが面倒、といった業務の生産性を向上します。

Knowledge Search

Conata Data Agent イメージ画像
(参考画面であり実際の画面とは異なる場合があります。)

Enterprise Discovery

Conata Data Agent イメージ画像(参考画面であり実際の画面とは異なる場合があります。)

マイニング機能

数値を含めたテキストデータから導かれる、時系列での傾向や課題が分析できるグラフや、知りたい要点に特化した情報サマリなどを UI 上で確認できます。日次集計データや過去にわたり蓄積された業績データなど、企業内で分散しがちなデータの連携から、BI 単体では追いきれなかったデータ活用による洞察や示唆を発見できます。かけあわせ分析のために複数のデータを export する必要もなく、膨大なデータ処理に時間がかかっていたケースでも、検索技術に基づく高速で柔軟な絞り込みによる深い分析が可能です。

数値を含めたテキストデータから導かれる、時系列での傾向や課題が分析できるグラフや、知りたい要点に特化した情報サマリなどを UI 上で確認できます。日次集計データや過去にわたり蓄積された業績データなど、企業内で分散しがちなデータの連携から、BI 単体では追いきれなかったデータ活用による洞察や示唆を発見できます。かけあわせ分析のために複数のデータを export する必要もなく、膨大なデータ処理に時間がかかっていたケースでも、検索技術に基づく高速で柔軟な絞り込みによる深い分析が可能です。

Perspective

Conata Data Agent イメージ画像
(参考画面であり実際の画面とは異なる場合があります。)

Perspective

Conata Data Agent イメージ画像(参考画面であり実際の画面とは異なる場合があります。)

データ分析・可視化機能

ユーザー自らが細かなデータ選択をする必要のない対話型の操作で、直感的にデータの可視化が行えます。対話を進めながらデータをドリルダウンして集計レベルを掘り下げた、効率的に詳細かつ深い分析が可能です。他部署ともスムースな情報連携ができ、業務効率化による迅速なビジネス判断につながります。自分のやりたい分析を簡単に深いレベルで行えるため、作成したいくつものダッシュボードの意図が分からなくなってしまうというような問題も解決できます。

ユーザー自らが細かなデータ選択をする必要のない対話型の操作で、直感的にデータの可視化が行えます。対話を進めながらデータをドリルダウンして集計レベルを掘り下げた、効率的に詳細かつ深い分析が可能です。他部署ともスムースな情報連携ができ、業務効率化による迅速なビジネス判断につながります。自分のやりたい分析を簡単に深いレベルで行えるため、作成したいくつものダッシュボードの意図が分からなくなってしまうというような問題も解決できます。

Data Copilot

Conata Data Agent イメージ画像
(参考画面であり実際の画面とは異なる場合があります。)

Data Copilot

Conata Data Agent イメージ画像(参考画面であり実際の画面とは異なる場合があります。)

Conata Data Agent
(データ エージェント)
の特色

企業情報に精通した
専属データアナリストのように
あらゆるデータソースから
瞬時に価値ある情報を抽出し、
テキスト・数値・グラフなどで回答。
得られるインサイトにより企業は、
新たな意思決定を精度をもって、
ビジネス成果へとつなげていけます。

01

知りたいことをそのまま、自分で聞ける

限られた専門チームから多数の企業内メンバーへと、データを民主化。直感的に聞くだけで答えを得られます。

02

さまざまなデータを、そのままの形で

企業内に存在するツールを横断的につなぎこみ、バラバラなフォーマットのデータでも統合的な活用ができます。

03

欲しい情報を、わかりやすい形に

企業独自の知見も網羅して AI は継続的な自動学習を行うため、ユーザーの使用頻度に合わせて精度は向上します。

04

信頼性の高い結果

回答根拠の提示や、問いの文脈に沿った情報がない場合は回答不在の旨を伝えるなど信頼性ある運用を実現します。

05

安心・安全な活用

回答を導く情報をユーザー単位で制限したり、ドキュメントの暗号化で部署を横断する活用の安全性を担保します。

活用ケース

業務フローやドメイン知識を学習させて、
ユーザーの実情に合わせた
インタフェース画面や、
得られた回答をその先のアクションに
つなげる利用フローまで、
一連のソリューションとして提供。
企業におけるビジネス価値創出まで伴走
できるのが Conata Data Agent です。

use-case flow

ケース1. 過去の提案資料を参考にしたい

「お客様名 提案資料 サービス」で検索

過去の提案資料の中から、該当するお客様向けの直近の提案書、類似提案書、類似するお客様向けの提案書などを結果として出力。

ケース2. 特定の商品情報の問い合わせに即時回答したい

「商品名 貼り付けラベルに書かれた情報」で検索

商品や製品カテゴリの PDF データに記載された情報の中から、回答文を作成。
ソースとなるPDF 情報も添付されるので回答の確からしさも確認できる。

ケース3. FAQ や社内 Wiki から回答生成

コールセンター業務における問い合わせ対応・回答理解

長文且つ複雑な内容の FAQ や契約書の中から、特定の質問に対する回答文を作成。
回答文のソースとなるドキュメントを確認できるので、回答文章の確からしさも確認できる。

ケース4. 社内の事務手続き方法の確認

有給取得などの事務手続きフローが入社日により異なる場合

業務マニュアルの内容を元に取るべきプロセスを提示してくれる。
また、手続き内容に不明点があり、誰かに相談したい場合に誰にコンタクトを取るべきか、担当者を教えてくれる。

業界別活用例はこちら

データ活用プラットフォームConataの
紹介資料・導入事例集はこちら

個別のご質問・ご相談はこちら

お問い合わせ