ニュース

〜 ビッグデータを販促施策に。AIで商品広告をパーソナライズし、簡単かつ柔軟に配信 〜

エンタープライズ企業のデータ利活用を支援する株式会社フライウィール (以下、フライウィール)は、2022年4月12日、ECモール出品者の販促を支援し、新たな収益を生み出せる広告配信サービス「Conata™ Discovery Ads」の提供を開始しました。

ECモールやマーケット プレイス事業者が、「Conata™ Discovery Ads」を組み込むことで、サイト内の検索結果などに出品商品の広告を表示し、広告配信による収益を得ることができるようになります。これまで販売手数料が主な収益源だったECモールは、新たな収益手段を得ることができます。

出店者から出品されている商品から自動的に広告を生成し、購買意欲の高い買い手にAIを通じて自動的に広告を表示できるため、利用開始もその後の操作も非常に簡単なことが大きな特徴です。

同時に、日々蓄積される購買や検索データを、取引関係がある売り手(主に出品者やサプライヤー)や買い手(主に利用者やバイヤー)に還元できるようになります。さらに、売り手である出品者にとっては販促機会が増え、買い手にとっては、膨大な情報の中から興味に関連する商品の情報が取得しやすくなります。

「Conata™ Discovery Ads」は、データ価値最大化を目的としたデジタルビジネスプラットフォーム「Conata(コナタ)™」に搭載された製品群の一つです。公開に先立ち、株式会社SynaBiz(株式会社オークファン100%子会社。以下「 SynaBiz」)が運営する国内最大級のBtoB卸マーケットプレイス「NETSEA」(以下、ネッシー)で先行導入したところ、従来の広告と比較して宣伝商品の売上指標であるCVR(Conversion Rate)で7倍、広告枠の売上比では5.5 倍の成果を達成しました。

海外の事例としても、Amazon(アマゾン)社がスポンサープロダクト広告としてサービス提供しています。広告売上も堅調に伸びていることから(310億ドル/2021年、年成長率32% *1)、Eコマース業界において成長が見込まれる事業機会とされています。
*1: Amazon has a $31 billion a year advertising business (https://www.cnbc.com/2022/02/03/amazon-has-a-31-billion-a-year-advertising-business.html)

 

「Conata™ Discovery Ads」の主な特徴は以下の通りです。

1. すぐに使える

既にある商品情報・データを AI が自動判別し、広告配信をワンストップでできるため、企画から導入まで短期間で実施できます。検索結果に表示される広告サービスを利用する場合は、広告を表示したいキーワードを人手で指定することが一般的です。Conata Discovery Ads の場合、広告表示したいキーワードを指定する必要はありません。出品された商品から広告を自動で生成し、検索キーワードと関連性の高い商品が自動的に配信できるため、知識がなくても効果的な広告配信を実施できます。

2. 柔軟に調節できる

広告として配信したい、したくない商品など、商品登録情報に含まれている情報に基づいて、広告配信の調整を柔軟に行うことができます。例えば、在庫がない商品の非表示や特定のカテゴリや商品のみを表示させるといった、売り手側のニーズに沿った調整ができます。

3. 価値がつながる

データ基盤が拡張性を持って整理されているため、Conata の他の製品、例えばPOSダッシュボードの作成や、レコメンド システム、検索サービスなどを簡易に導入できます。また、これらの製品やソリューションを先に導入した上で、Conata Discovery Ads を利用することもできます。Conata の活用で生み出されたデータを再利用し、精度や効果の改善を狙えるため、Conata 製品・ソリューションを使えば使うほど相乗効果も見込めます。

 

■ 先行導入された株式会社SynaBiz プラットフォーム事業部 部長 平澤 建様よりコメントをいただきました。

この度の Conata Discovery Ads のリリースにより、保有データでマーケティングから販促支援まで実現できることを心より歓迎いたします。SynaBizは、「世界中の顧客に最適な取引機会を創る。」の理念のもと、Conata を通じてパーソナライズされた顧客体験の向上を実現してきました。このような事業部を超えたデータの価値最大化に、より一層取り組んでいきたいと考えています。

 

フライウィールはデジタルビジネスプラットフォーム「Conata」を通じて、今後もデータの専門性に関わらず、データをエネルギーにできる世界を目指します。

 

【 関連情報 】
■ フライウィール、独自の情報検索技術でEC・小売事業者、マーケットプレイス運営企業のデータ活用で、コスト低減、売上拡大を支援。
https://www.flywheel.jp/newsrelease/20201105/

■ <大手で導入加速中>商品広告がサイト内に表示させる広告に適する理由
https://datalab.flywheel.jp/posts/good_reasons_for_product_ads_in_site

【 会社概要 】
■ 株式会社フライウィール
代表者:代表取締役 横山 直人
所在地:東京都千代田区麹町2丁目5−1半蔵門PREX South
設立:2018年2月9日
URL:https://www.flywheel.jp/
事業内容:「データを人々のエネルギーに」をミッションに、SCMからマーケティングまで一気通貫したデータ ソリューションを提供しています。主力製品であるデジタル ビジネス プラットフォーム「Conata(コナタ)™」を使うことで部署横断でデータの収集や分析、活用ができ、DXやSDGsといった重要な経営課題を解決します。