エンジニアリングマネージャー
クライアントフォーカス

フライウィールのミッション

私たちのミッションは、「データを⼈々のエネルギーに」することです。データは人々が持つ価値を最大化する新しいエネルギーだと、私たちは考えています。本来不必要な作業を効率化し、生産性を向上させ、より創造的な価値を創り出すための、まさに「エネルギー」になるのです。FLYWHEELは日本語で、はずみ車という意味です。私たちは、企業や人々がデータとテクノロジーをより積極的に活用し、仕事や作業の効率化を加速する社会の「はずみ車」になりたいと考えています。

ポジションについて

フライウィールでは、データ活用プラットフォーム「Conata(コナタ)™」をはじめ、企業がデータを活用し収益化するためのソリューションを提供しています。

顧客に安定した価値を提供し続けながら拡大するニーズに対応すべく、組織力強化に向けてエンジニアの増員およびパフォーマンスを最大化する環境整備に力を注いでいます。

フライウィールの持つ高い技術力で圧倒的な価値を提供し続けるべく、常に高いパフォーマンスを発揮し続けることのできる体制の構築・整備をリードいただく 【エンジニアリングマネージャー】 を募集します。

 

所属

プラットフォームエンジニアリング、クライアントフォーカス部門

業務内容

  • プレイングマネージャーとして顧客に向き合いながら自らコードを書いて開発を推進する他、チームのエンジニアのコードを最適化すべくコードレビューを行う等、プロジェクトの遂行やプロダクト開発を技術面から支援する。
  • チームメンバーが関わるプロジェクトのリソースマネジメントや進捗/クオリティ管理に加えて、タイムリーな課題解決をリードする。
  • エンジニア個人のパフォーマンスや成長を支援するピープルマネジメントに加え、VP of Engineering や Head of Engineering と密に連携しながら持続性・拡張性のあるエンジニア組織に育てるための体制構築・開発環境整備を、採用・育成・制度設計等あらゆる面から促進する。
  • 社内他部署(ビジネス、コーポレート)や顧客等ステークホルダーとのコミュニケーションを通じて合意形成を促進し、円滑な開発をリードする。

 

▼開発環境

  • クラウド: AWS, GCP, Azure
  • インフラ: Kubernetes, Terraform
  • 開発言語: Java, Kotlin, Python, TypeScript
  • フレームワーク等 (UI, API): gRPC, OpenAPI, React, Next.js, Express, TypeORM, Micronaut,  MySQL
  • フレームワーク等 (Data):  AWS Athena, AWS Redshift, GCP BigQuery, Snowflake, Tableau, AWS QuickSight, dagster, Apache Airflow, Apache Spark, Pulsar

必須条件

  • 3名以上の開発チームのマネージャーとして、開発現場における技術面のリーダーシップに加えて、ピープルマネジメントや組織体制の構築・強化を推進した経験
  • Java、C++、Golang、C#などの1つ以上のプログラミング言語を使ったソフトウェア開発経験
  • 3年以上のアプリケーション開発に関する経験(経験分野は不問)、システム運用及び運用設計に関する経験
  • コンピューターサイエンスの学士号、もしくはそれに相当する知識と業務経験
  • 課題解決に主体的に取り組むことができる方
  • チームを超えたスムーズなコミュニケーション能力、リレーション構築能力
  • 臨機応変に状況に対応できる柔軟性
  • フライウィールのミッションとバリューに共感できること

歓迎条件

  • 人事と連携してエンジニア採用や技術広報を推進した経験
  • 次の分野に携わった経験:ウェブ アプリケーション開発、Unix / Linux環境、分散および並列システム、機械学習、情報検索、自然言語処理、レコメンデーションシステム、ターゲティングシステム、大規模ソフトウェア システムの開発、セキュリティ ソフトウェア開発
  • クラウド(GCP、AWS、Azureなど)を用いた開発経験
  • 捉えどころのない複雑な問題に対するソリューションを設計・開発し、課題解決をおこなった経験
  • コンピュータ サイエンス、コンピュータ エンジニアリング、電気工学、または関連する分野の修士号または博士号
  • メンバーの成長につながるアサインやコミュニケーション(目標設定、評価、フィードバック等)の経験

    CAREERS

    フライウィールに少しでもご興味をお持ちの方は
    こちらへ

    Casual Meeting