我々のミッションは「データを⼈々のエネルギーに」することです。
多くの企業がデータ活⽤における課題を抱えている中、収益化を実現する真のDXを実現するため、「日本のためにデータを使ってもっと何かできることがあるのでは」という情熱を持った仲間と一緒に、企業のデータと事業価値を最大化する日本発のテクノロジーカンパニーを目指しています。

詳しい事例はこちら

ポジションについて

フライウィールにおけるデータアナリストは、デジタルトランスフォーメーション事業の中核となるポジションの一つです。クライアントのビジネス上の重要な課題をアナリティクスの観点から解決する役割を担っています。社内のストラテジックビジネスマネージャー、プロダクトマネージャー、データサイエンティスト、データエンジニア等と協働し、クライアントのデジタルトランスフォーメーションを支援します。

 

業務内容

  • クライアントと関係を構築し、事業課題を把握してデータ活用・データ分析を元にした解決施策を提案する
  • クライアントから預かった膨大なデータを分析し、ビジネスインサイトを導き出し、提案に繋がるよう言語化する
  • 社内外の案件関係者と密に連携し、各案件がタイムリーかつ適切に遂行されるようリードする
  • データを活用し、ビジネスオポチュニティを探り、ビジネス拡大に貢献する

必要条件

  • 自身が中心となってデータ活用・データ分析のプロジェクトを顧客へ提案し、デリバリーした経験
  • クライアントと、自社内のビジネスサイド・エンジニアサイドとコミュニケーションをとり意思統一を取るスキル
  • データ分析プロジェクトの実務経験があり、課題定義、仮説設定、分析設計、仮説検証、分析結果からの提言までの一連の作業を行ったことがあること
  • データ処理・分析関連プログラミングスキル(SQL、Python、R等)
  • Tableau や Google Data Portal などのBIツールの利用経験

歓迎条件

  • 新しい技術をスピード感を持って自主的に習得、実践しようとする姿勢
  • 組織全体を見据えた、チームに対しての積極的協調性
  • 膨大なタスクに対して戦略的に対応できる処理能力
  • プログラミング基礎知識(Linux、シェル等)
  • 統計学等のサイエンススキル
  • 大規模データベースのハンドリング経験
  • AWS, GCPなどのクラウドサービスの利用経験
  • 機械学習をビジネスで活用した経験

 

チーム紹介

𠮷野祐輝 社員インタビュー

 

データアナリスト執筆のブログ

データ成熟度(前編):DX時代の成功を左右する「データ成熟度」とは?

データ成熟度(後編):「データ成熟度」を評価する具体的な手法とは?

DX・データ活用の取り組み速度を上げるには? – データ整備の視点から

JOIN USPAGE TOP