フライウィール社員紹介 Vol.5

飯沼舞子 採用担当マネージャー 

プロフィール

外資系エグゼクティブ サーチファームにて、コンシューマ及びテクノロジー業界、またデジタル/PRの案件を担当。それ以前はIBM Japanに新卒でエンジニアとして入り、その後マーケティングに従事。慶應義塾大学文学部卒業。専攻はLibrary and Information Science。

外からではなく、中から人を育てたい思いでスタートアップへ

私が入社したのは、転職を考えていた頃、知り合いだった横山にたまたま相談したところ「うちに来たら」と誘われたのがきっかけでした。もともと、転職先としてスタートアップはまったく考えていなかったんですよ。なぜなら、フライウィールの前はIBMや外資系のヘッドハンティング会社にいたので、自分には外資系の大企業が合っていると思い込んでいたから。だから、フライウィールのようなベンチャーに飛び込んで、こんなに毎日楽しく仕事ができるなんて、自分でもビックリでした。

もともと転職を考えたのは、ヘッドハンティングという会社の外から人事に係わる仕事をしていて、次は会社のなかで人事をやりたくなったからなんですね。優秀な人材って外から探してくるだけではなく、中から育てる必要もあると感じていました。でも、考えてみたら大企業の場合、人事といっても採用や育成、組織開発など担当が分かれています。でも、スタートアップだったらそれを全部自分でやらないといけない。大変かもしれないけど、やりがいはありそうだ、と考えてフライウィールに入りました。

チャレンジが多くても楽しめる理由は雰囲気の良さ

私が楽しく仕事ができているのは、この会社の雰囲気がとても良いからなんです。みんなが会社のことが好きで、レベルの高い人達が切磋琢磨している状況って、奇跡的ですよね。だからこそ、この環境やカルチャーを維持しながら、会社の成長を人材の面から加速させることをやっていきたいと思っています。人数が多くなる過程で、今までは阿吽の呼吸で通じてたことが、そうじゃなくなる場面も出てくると思います。フライウィールらしさがいつまでも続くように、社員共通の「フライウィールバリュー」を明文化して、浸透させていくために、現在色々考えているところです
※所属・業務内容は取材時点のものです。

フライウィールでは、ソフトウェアエンジニア、データサイエンティストなどの共に新しく価値あるプロダクトを一緒に生み出すメンバーの採用を積極的に行っています。募集職種はこちら

フライウィールで働く社員たちをもっと知る

社員インタビューは下記リンクから