社員インタビューVol.2

太田浩行 ソフトウエアエンジニア  

新卒でGoogleに入社して、そこで横山や波村と一緒でした。波村はその当時の上司でしたが、アメリカの本社の状況と日本の状況を見て、そのなかで日本のチームがオーナーシップを取ってやれるように調整したり、売り上げについて評価されるところでチームとしてインパクトを出せるように考えたり、技術だけでなくチームやビジネスの面まで考えて活躍しているのを見ていました。だから、波村から「新しい会社を興そうとしている」と聞いて、誘われたときにはすぐに転職を決めて、最初期に入社した社員のひとりになりました。大企業から小さなスタートアップへ行くことの不安よりも、小さな組織を大きくしていくことや、どんな新しいことが学べるのか、といったことへの興味の方が大きかったです。

実は今、育休中なんですよ。前の会社では1人目の子どもが生まれたときに育休を取ったので、フライウィールに来て2人目が生まれることがわかったときから、育休を取るつもりでした。妻が里帰り出産から帰ってきて、こちらでの生活が落ち着くまで1カ月間、休ませてもらっています。育休を取るに当たって、まだ新しい会社なので、社内制度がいろいろ整っていませんでした。だから、横山や波村、人事担当の飯沼に相談しながら、制度の細かい所や手続きの仕方などは手探りしながらでした。担当する広告配信システムもメンバーが少ないので、休むための事前の準備も含めて大変なこともありました。でも、誰かが最初にやらないと、後から他の人も育休が取りづらくなるので、そこは皆の協力を得て実現できました。

太田浩行 プロフィール

Google Japan にて Google Play のクーポンシステムの開発や Google Maps の口コミのソーシャル機能のテックリードを担当。東京大学大学院修士課程修了。専攻は Computer Science。