CTO メッセージ

共同創業者 取締役CTO

波村 大悟

これまでGoogleやMicrosoftで働くなかで、日本の名だたる大企業がデータに関して本当に困っているのを目にしてきました。それをどうにかして助けてあげたくて、横山とともにフライウィールを創業しました。AIが普及するなかで企業の意識やデータを取り巻く環境は良くなっていますが、まだ上手くいっていないところも多い。ただ、多くの皆さんがデータを意識するようになったことは、私たちにとって追い風になっています。

GoogleやMicrosoftから外に出て実感したのは、その両方の世界を知っている人間があまりいないということ。両方を知っている私たちは、言わば「データの世界の攻略本」を持っているようなもの。ウェブスケールのデータを扱ってビジネスをするために、どこに向かうべきか、何をすれば良いのか、私たちにはわかっている。だから、目的に応じて必要なツールやシステムを最短で作ることができる。

横山と創業したのは、彼は私が持っていないものをほぼすべて持っているから。だからチームになれば一番強いんじゃないかと思いました。新たに仲間を採用するときも、ダイバシティという意味で今のチームにないものを持っていることを重視します。もちろん、一緒に働くことが出来る人柄かどうか、会社のカルチャーにフィットするかも気にします。そうやって皆がそれぞれのスキルを持ち寄って、一緒に働くことが出来ればチーム全体で強さを出していくことができるからです。