導入事例:株式会社NTTドコモ(スーパー販促プログラム™)

テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト

docomoロゴ

「スーパー販促プログラム™」で
店舗独自のクーポンや情報を
パーソナライズして配信

株式会社NTTドコモ

「スーパー販促プログラム™」の
加盟店様向けダッシュボードを
短期間でリリースできたことにより、
加盟店様に対する提供価値の向上が行えました

株式会社NTTドコモ

ウォレットビジネス部長
田原 務 氏

導入のきっかけ

加盟店様の販売促進活動を支援する「スーパー販促プログラム™」を通じて、
お客様との繋がりを強化する方法を模索

株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は「d払い®/dポイント」加盟店様の販売促進活動を支援するマーケティングプラットフォーム「スーパー販促プログラム™」(以下、本プログラム)の加盟店様向けダッシュボード開発を検討していました。

小売、EC、飲食業界といった加盟店様では、お客様一人ひとりの興味関心にそったクーポンやおすすめ情報を最適なタイミングで提供することで、顧客体験を向上させ、お客様との長期的な関係を構築していきたい、というニーズがありました。

フライウィールからConata(コナタ)™のダッシュボードやパーソナライズ技術を使うことで加盟店様向けに効果的なマーケティングプラットフォーム構築が実現できる、と提案を受け導入を決めました。

データの活用内容

加盟店様向けのダッシュボード開発と
販売促進の目的に応じた自動配信を短期間で実現

第一に、加盟店様自身がキャンペーン運営を自立自走できるように、加盟店様向けダッシュボードの開発を実施しました。フライウィールの強みである大規模データ処理を伴う開発実績を元に、ドコモ社内にある複数のシステムと連携し、約5ヶ月間という短期間でローンチすることができました。ダッシュボードでは加盟店様が一人ひとりに配信するメッセージやキャンペーン情報、クーポンなどを作成でき、キャンペーンをドコモに依頼することなく運用できるようになっています。

次に、加盟店様のニーズにマッチする顧客ターゲティング設定に対応するため、「d払い®/dポイント」アプリにおける顧客行動、決済情報などのデータを一元化し、ドコモが持つ多様なシステムに連携させました。さらに顧客行動からユーザー一人ひとりの加盟店への関与度合を判定し、目的に応じた自動配信を可能にしています。

加盟店様が持つ自社アプリと同様に、「d払い®/dポイント」アプリにおいて「実際に購買いただいたお客様」へのコミュニケーションを可能とすることで、お客様と加盟店様とが「つながる場」の提供を支援していきます。これにより、「d払い®/dポイント」アプリを利用するお客様は、自身の興味関心にそった情報や、地域に特化したクーポンなどを知る機会が増え、「d払い®/dポイント」アプリをより便利にお使いいただくことができます。

本プログラムを実現する上で特に重要だったことがデータ収集から活用までの「データ価値の増強」です。フライウィールがデータ価値を最大限引き出すために実施した支援内容は次の三点です。これらを通じて従来の製品では実現が困難であった高度なパーソナライズを、操作性の高いダッシュボード上で利用することができるようになります。

1. データの収集・整備
ドコモ社内の複数の対向先システムから、数千万レベルの大量の顧客データを収集・統合し、データプラットフォーム化を行う

2. データの解析・連携
顧客属性や過去の購買履歴の解析と、メッセージ・クーポン配信するために顧客サーバーやメッセージ・各種サーバーを連携する

3. データの可視化
クーポン利用数や購買結果などの結果はシームレスに活用・共有できるように、それら時系列データのダッシュボード上での可視化を実現

これらを通じて従来の製品では実現が困難であった高度なパーソナライズを、操作性の高いダッシュボード上で利用することができるようになります。

導入後の効果

お客様と加盟店様とが心地よく「つながる場」を提供することで
「d 払い®/d ポイント」アプリの利便性が更に向上

「d 払い®/d ポイント」アプリを利用するお客様は、自身の興味関心にそった情報や地域に特化したクーポンを知る機会が増え、「d 払い®/d ポイント」アプリをより便利に利用するようになりました。

また、加盟店様が持つ自社アプリと同様に、「d 払い®/dポイント」アプリでも「実際に購買いただいたお客様」へのコミュニケーションを可能とすることで、お客様と加盟店様とが「つながる場」を提供することができました。

今後、本プログラムの拡張を通じて、さらなるサービスの発展をスムーズに実現し、データをお客様の価値に変えることを継続的に支援していきます。

お客様からのコメント

フライウィールとは商品を作っていくパートナーとして一緒に歩んでいきたいです

なぜフライウィールを選んだのでしょうか?
AI等実績のあるエンジンを持っておりカスタマイズも早期に対応可能であったこと、使い勝手が良いユーザーインターフェースや機能を兼ね備えたダッシュボード開発の経験があったこと、機動力とコストの兼ね合いでパフォーマンスを発揮いただけそうであったこと、またインキュベーションとしても過去の開発内容を6-7割程度流用して早期に開発を完了できるとお話いただいたことが理由です。

フライウィールとの取り組みでどんな変化がおこりましたか?
短期間でのリリースにより、加盟店様に対する提供価値の向上が行えたと思います。

今後フライウィールとどんなことに取り組んでいきたいですか?
AI等を用いた配信対象者のレコメンドなど、よりお客様それぞれにぴったりの配信内容にチューニングしていくことで、加盟店様にとってはより効果的・効率的な販促活動が行えるようにしていきたいと思っております。

その他、メッセージあればお願い致します
弊社では開発を委託する考えが強い傾向があるが、フライウィールとは商品を作っていくパートナーとして一緒に歩んでいきたいです。将来、ドコモが新しいプロダクトを作っていくときには、技術力や知見があるフライウィールにぜひ協力してほしいと願っています。

株式会社NTTドコモ / スーパー販促プログラム™

https://ssw.web.docomo.ne.jp/marketing/super_sales_program/

スーパー販促プログラム™は、「dポイント」や「d払い®」の利用データなどを活用して、より効果的な販売促進活動につなげることができるOMO型のマーケティングプラットフォームです。お客さまが街のお店で「dポイントカード」を提示したり「d払い」でお支払いをすることで、それぞれのアプリ内の「メッセージメニュー」に加盟店が登録されます。登録された加盟店はお客さまに対し、メッセージやチラシ画像、クーポンなどを配信することができます。

田原 務 氏

株式会社NTTドコモ ウォレットビジネス部長

掲載日: 2021年 4月 1日

*「スーパー販促プログラム」「スーパー販促プログラムロゴ」「d払い」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
*文中に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

事例をまとめてダウンロード