ユーザーと社員と事業、三者を同時に喜びをもたらすLOHACO x フライウィールの統合データプラットフォームとは


ソリューション:在庫連動/利益率考慮/業務効率化

 

 

 

GAFAMで培った技術を提供できる

フライウィールだからこそ実現できた4つのポイント

 

ポイント1:

商品データとECサイト上の閲覧/クリックデータだけではなく、商品在庫をも統合し、リアルタイムに利活用可能に

 

ポイント2:

在庫連動を実施することで、リアルタイムで在庫の有る商品だけをECサイト上に表示しユーザー体験を向上

 

ポイント3:

運用担当者が手動運用していた、ECサイト上の在庫データ管理を自動化することで、業務効率化を達成

 

ポイント4:
レコメンドエンジン経由のダイレクトインカムだけではなく、利益率等をレバーとして制御することで、全体最適(ユーザーとLOHACO事業との働く社員の三者の課題を解決)を実現

 

 

導入のきっかけ
〜既存のソリューションが抱える課題と機会〜

 

LOHACOはアスクル株式会社が運営する一般消費者向けの通販・ネットショッピングサイトです。従来からレコメンドエンジンを実装していましたが、2つの課題がありました。

 

 

課題1.

レコメンド結果を売り手側の目的に応じて最適化できない。

通常のレコメンドエンジンは、ユーザーの閲覧/クリック情報を元にレコメンドを出します。アスクル社でも同様で、LOHACOサイト上のユーザー閲覧/クリックデータやコンバージョンデータを学習用のデータソースとして使用していました。コンバージョンや取扱高を最大化する方向に学習が進むこと自体はよいのですが、たとえば「利益率の低い商品」や「在庫がない商品」が掲載されるといった問題が発生していました。

 

課題2.

運用負荷が高く、それでいて、ユーザーを満足させられない。

在庫情報をレコメンドエンジンに反映させる為、LOHACOのレコメンド担当者が手動で反映させていました。膨大な数の商品を手動管理する手間は大きく、リアルタイムに変動するデータに追従するのは実質的に不可能です。また、商品の在庫状況の反映ができるのは翌々営業日、また土日は対応できなかったため、リアルタイム性に欠け、レコメンドする商品が購入できないといった機会損失を生む状況でした。市況の変化などで突発的に起こる需要変化にも対応するのが難しいため「レコメンドされた商品をクリックしたら、売り切れていてがっかりした」。ユーザーとしてECを訪れたとき、そんな体験をしたことのある方も多いはずです。

 

 

 

フライウィールのアプローチ
〜1つ1つの課題に対し、統合データプラットフォームで解決〜

 

LOHACOは既に数多くのユーザーを抱えており、レコメンドエンジンも実装済みでデータ利活用が進んでいたサービスでした。運営会社であるアスクル様もデータ利活用への造詣が深く、経営陣の皆様・担当者の皆様ともに課題の本質を掴んでいらっしゃいました。

 

ゆえに、フライウィールからの提案として、本質的な課題を解決するために必要な「データソースを横断した統合データプラットフォームの構築」にご賛同頂き、力強い協業体制を築くことができました。また、知識と経験豊富なエンジニアチームが直接課題をヒアリングし、プロジェクト遂行期間もコミュニケーションを取ることで本質的な課題を解決するアプローチをよりスピーディーに実装することが可能でした。

 

 

アプローチ1.

商品データとECサイト上の閲覧/クリックデータを統合し、レコメンドエンジンのカバレッジと精度を向上させる。

 

アプローチ2.

商品の在庫情報を統合し、さらにフローをリアルタイム化することで、ユーザーに在庫があるもののみ表示させる。

 

アプローチ3.

統合データプラットフォームのシステムフローを自動化し、結果としてレコメンドエンジンに関係する在庫データ管理部分をも自動化し、運用担当者の負荷を削減する。

 

アプローチ4.

キャンペーン管理システムと連携し、コンバージョンや取扱高以外の要素(例えば「一定期間中の利益率」等)をレバーとして全体システムを制御できるようにする。

 

 

まず、レコメンドエンジンに連携する商品データを拡充し、カバレッジの強化を狙いました。従来は処理量の制約などもあり、一部の商品データのみが使用されている状態でしたが、システムをクラウドに移行し分散処理させることで、データ処理量を大幅に増加させることができます。同時にパフォーマンスチューニングも実施します。

 

ユーザー体験を向上させるためには、在庫の状況いち早く反映させて、在庫のある商品を表示させるようにすることが大切です。そのためには、ECサイトを構成するシステムから得られる閲覧/クリックデータだけではなく、在庫情報の連携が必要です。この在庫情報とECサイトのシステムは別のシステムが保有するデータであり、配送センターが東日本と西日本で別れているセンターに合わせた整備、システムや部門を越えたデータ連携・統合が必要でした。

 

また、レコメンドエンジンが局所最適化を進めてしまうと、レコメンドエンジン部分のみが収益性を高め、全社レベルで重視すべきKPIに悪影響を及ぼす場合があります。「利益性の低い商品」をひたすらにレコメンドするケースなどが典型的な例です。キャンペーン管理システムと連携することで、レコメンドエンジン部分の局所最適化を抑制し、全社レベルでの全体最適化を目指しました。

 

このように、各部門・各システムが保有するデータを統合したプラットフォームを構築し、各システムと相互連携することで、「ユーザー体験の向上」「業務効率化」「経営目線での全体最適化」すべての実現を狙いました。ユーザーとLOHACO事業、双方のニーズを叶える存在となるよう、統合データプラットフォームを設計しました。

 

 

 

フライウィール統合プラットフォーム導入後の結果

 

1:レコメンドエンジンの取り扱い商品データの拡大とパフォーマンスチューニングにより、「買い物かご」への商品追加数が3.4に増加。

 

2:在庫情報も合わせた利用者目線でのレコメンドエンジン改修によりレコメンド経由のユーザーの商品詳細におけるレコメンドクリック率は昨対比で4倍に。またLOHACO全体によるレコメンド経由の「買い物かご」追加が2.5倍まで伸長。

 

3:リアルタイム化・自動化によって運用の手間が減り業務効率が改善。在庫連動の商品情報の反映が翌々営業日だったものがその場で反映されることにより業務負荷の軽減だけでなく、在庫がある商品が提示されることで、ユーザーのがっかり感も低減

 

4:様々なKPIによる全体制御が可能になり、利益率を考慮したキャンペーン設計が可能に。実際に行ったA/Bテストで、利益率考慮しないAと利益率を考慮したBの結果では、利益率を考慮したキャンペーンBで利益額を2.23倍にすることに成功。(グラフ参照)

 

 

アスクル株式会社 長田 喜裕様より

 

フライウィール社のレコメンドエンジンは、買い手側の目線だけでなく、売り手側の目線も考慮したレコメンドエンジンでした。このようなレコメンドシステムは他に見当たりません。戦略的商品でもレコメンドとして積極的には打ち出せない商品はいくつかあります。売り手側の積極的な商品掲載や商品利益率を考慮したコントロールができませんでした。ですが、フライウィール社では利益率を考慮したレコメンドを表示でき、実際の効果も出ました。現在も尚、社内で高く評価され続けています。

また、フライウィール社との取り組みは非常にスムーズに進行できたのが印象的でした。
通常のパートナー様との取り組みの場合、サービスを導入する目的が多いため、営業担当が間に入り、仕様書通りに情報をインプットしていくという事が多いです。
一方フライウィール社とは直接エンジニアと会話して目的と課題を共有した上で、案件を進めることが出来た結果、スムーズな導入ができました。

理解力と知識のあるエンジニアチームだったため、自分たちが置いていかれることがあるほど、フライウィールのエンジニアは目的、課題感を汲み取っていただき、社内のチームかと錯覚するほどのワンチーム感がありました

 

2020年4月15日 フライウィール社インタビューより

 

 

フライウィール統合プラットフォームにより、三者の課題を解決することができました。
また、統合プラットフォームとしたことで物流データに関する情報(滞留在庫や配送コスト)を考慮したレコメンドの実証実験を開始することができました。これにより、ユーザーの購買体験をより良いものにし、またLOHACO事業としても収益最大化と作業効率化を実現することを目指しています。

 

 

GAFAMで培った検索エンジンなどの大量のデータ処理に基づく知見をソリューションとして提供できるのはフライウィールだからこそ

 

今回のケースでは、商品データとECサイト上の閲覧/クリックデータとを統合してレコメンドエンジンを改修し、次に在庫情報を統合して顧客体験を改善しつつ業務効率を改善しました。最後にキャンペーン管理システムと連携することで全体最適を実現しました。

本ケースで見てきたように、フライウィールの統合データプラットフォームは、クライアント企業様の顧客情報・商品情報・ECサイト上の行動履歴・在庫情報・キャンペーン情報等の別システム由来のデータを統合し価値を連携させることで次々に課題を解決し、大きなバリュー創出へとつなげることができます。

フライウィールはクライアント企業様の課題やニーズを深く捉えた上で、GAFAMで培った高度なデータテクノロジーを活用し、あたかもはずみ車を回すかのごとく、クライアント企業様基幹システム開発の課題を次々に解決して参ります。

 

 

フライウィールの統合データプラットフォームに関してのお問い合わせはこちらから

 

 

フライウィールの統合プラットフォーム、レコメンドエンジンを搭載した
LOHACO by ASKUL 公式ホームページはこちらから



利用クラウド:Google Cloud Platform ( GCP )
業界:EC