FLYWHEEL Actionable Analytics
Case Study

フライウィールではただ分析できるアナリティクスツールを提供しません。施策に繋げられる、新しいアナリティクスツールをパートナーと共に創造します。



パートナー:
株式会社NTTドコモ プロダクト部

 

課題:

1. 複数部門間で分散している各アプリのデータ分析を可視化、そして一元化

2. 分析に必要な時間を短縮


ゴール:

スマートフォンのプリインストールアプリの最適化で、ドコモのお客様によりよい体験を提供し、LTVの最大化に繋げること



フライウィールが提供したアナリティクスソリューション

 

複数部門がそれぞれに行っていた各アプリの利用実績などのデータ分析を統合するためのデータプラットフォームを構築しました。そのデータプラットフォームを基盤とし、データの一元的な分析を可能にすることで、各アプリの提供者目線ではなくお客様目線での価値評価を利用動向などから分析することが可能になりました。
そして、パートナーとのコラボレーションを通じて、データ分析のクオリティを高め、定量的に判断できるインサイトを誰でも簡単に抽出できる「アプリ価値可視化ツール」の開発を支援しました。

 

導入後の結果


フライウィールのデータプラットフォームの技術を元に、目的に応じたデータの可視化を実現することで、業務効率を向上させることができました。また、具体的な施策を打ち出し、そして実行するための時間を創出しました。
具体的には、プロダクト部から他部署へのフィードバックを迅速に行えるようになり、施策の検討が一気に加速しました。
パートナーであるNTTドコモ プロダクトイノベーション担当イノベーション推進チームは、このフライウィールとの共同プロジェクトで四半期毎の組織表彰を受賞することができました。



株式会社NTTドコモ プロダクト部

プロダクトイノベーション担当部長 森山 光一様より



「フライウィールとのコラボレーションは大変エキサイティングな体験です。大きなゴールを共有し、そこに到達するまでのアプローチをさまざまな観点からすばやく考察し、トライし、選択したアプローチの確からしさを確認しながら次のステップに向かいます。お客様に安心してドコモのサービスをご利用いただくための「NTTドコモ パーソナルデータ憲章」と「NTTドコモ プライバシーポリシー」を尊重していただき、フライウィールならではの発想と私達の想いがシナジーを起こして、大きな可能性を実感しています。これからも、フライウィールのチームとともに、新しいプロジェクトにチャレンジできればと思っています。」





フライウィールでは、パートナーの皆様に活用いただける様々なアナリティクスソリューションを支援しています。

フライウィールのActionable Analyticsに関するお問い合わせはこちらから